FC2ブログ


for.gif.*** * * * *
犬のしつけ、トレーニング、遊び、食事、いぬ本書評・・・など色々な犬に関する情報と愛犬マルコ(ワイヤーフォックステリア)との日常を、日記風に紹介しています。

フントスポルト

最近読んだ本

「この地球にすんでいる僕の仲間たちへ」  東田直樹 東田美紀





 僕たちは、自分の伝えたいことが上手く伝えられない時などに、

 両足で飛び跳ねて手をパチパチ叩きます。

 すごく悔しくて悲しい心を止められません。

 他の人はこういう時そんな動作をしないのに、なぜなのでしょう。

 それは、跳ぶと、とてもすっきりするからです。手を叩くと、

 すごく気持ちがいいからです。

 僕は、どうしてだろう。とずっと考えてきました。

 それは、跳んでいる時には、自分の体の部分がよくわかるからだと思います。

 手を叩けば、ここが手。飛び跳ねれば、ここが足。というふうに。

 みんなは、自分の体のことをよくわかっているかもしれませんが、

 僕たちにとって手や足は、自分のものだという感覚があまりありません。

 跳ぶと自分の手足の場所が良く分かるので、とても安心するのです。

 上に跳んでいる時は、まるで天に飛んで行けそうなくらい心も体も軽くなります。

 その間は、自分が人だということも、障害者だということも忘れることが出来ます。

 手を叩くとその音で何も聞こえなくなるし、

 辛いことから自分を守ることが出来るのです。


  
 


 『この地球に住んでいる僕の仲間たちへ』 東田 直樹 

  より




* * * * * * * * * *




 今日の帰宅は、まずまず平和。かなりましな方だった。

 歓迎ムードが最高潮の時は、玄関を開けたとたん、

 奥からダッシュしてきた妻が目の前に登場する。

 こんな時の妻は子どもみたいに笑っている。

 両手をひらひらさせながら、小さくぴょんぴょん跳びはねていることもある。

 この動作、僕はてっきり妻が珍しくはしゃいでいるんだと思っていた。

 でも実はこれ、自閉系の人によく見られる、不安や緊張をやわらげるための動作なんだ。

 妻はテレビや本でこのことを知って、自分でもやってみたらしい。

 「これがね、けっこう効くんだよ! 自分がこうやって動くと、周囲がぼやけるでしょ。

 まわりの目まぐるしさとか重圧感がいくらか遠ざかる気がする。

 跳ぶとちょっとふわふわして気持ちいいし、安らぐんだ」

 そう、これもまた妻なりの、生活の工夫のひとつなんだ。



 泉流星


『僕の妻はエイリアン』より





この内容をわたしはとても興味深く読みました。
感動し涙ぐみました。
ほらね、やっぱり不安と緊張が原因なんじゃないか、と。

犬の場合も同じ事が起こっていて
そして周りにいる人たち(飼い主でさえ)は
このご主人と同じように「喜んでいる」と誤解していることが多い。

腰をガクガク振り、尻尾をちぎれんばかりに振る
飛びつく、バクバク走りまわる、
フレンドリーという言葉で片付けてはいけない行動ばかりだと
私は思う。



(hu)




Ranking ランキングに参加しています。

スポンサーサイト



| しつけ、トレーニング | 22:23 | コメント:2
| ホーム |

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  1. 無料アクセス解析